お弁当の種類 | 日本の文化を伝える、古くて新しいお弁当のカタチ

日本の文化を伝える、古くて新しいお弁当のカタチ

おかず

お弁当の種類

仕出し弁当の種類は実に多種多様です。
お弁当というのは、冷めても美味しいようにという事、また時間がたっても傷みにくいものという事で、昔は、煮物やお漬物が中心でした。
その為全体的に茶色っぽい色のおかずの並んだお弁当になりがちでしたが、最近では様々な食材を美味しく食べれるようになりました。
お弁当が美味しく見える為のテクニックとして、3色を取り入れるという考え方があります。
3色とは、食べ物の色、緑と赤と黄色をバランス良く入れるという事です。
そうする事で、お弁当の見た目が華やかで美味しそうだと感じる作用があるのです。
緑は葉やさいなどの若々しい色、赤はお肉やトマト、フルーツなどの生命力を表す色彩、黄色はお弁当などで人気のフライものなどが多く並びます。
そうする事で色のバランスが良いのはもちろん、栄養バランスも整った内容になると言われています。
仕出し弁当の多くもこの3色の法則を使い、様々な食材で美味しいメニューを作っているのです。

仕出し弁当のジャンルで特に多いのが和食です。
白いご飯で無いと食べた気がしないという人も多く、また和食独特のヘルシーなメニューも人気の秘密です。
洋食はハンバーグやコロッケなどのメニューがあるので、特に子どもなどがいるファミリーでのお弁当におすすめです。
中華はエビチリや酢豚などの人気中華メニューを取り揃えており、高級感があるのが多いです。
軽くつまめるサンドイッチは、仕出し弁当の中でも忙しいビジネスの現場などで便利だという事で大活躍します。

Copyright© 2015 日本の文化を伝える、古くて新しいお弁当のカタチ All Rights Reserved.