日本の文化を伝える、古くて新しいお弁当のカタチ

弁当

お弁当とは

何気なく食べているお弁当ですが、実は日本独特の食文化のひとつなのです。
コンパクトな空間に、様々な具材が入っており、最大の特徴は冷めてからも美味しいというメリットがあります。
最近では、アメリカを中心に「OBENTO」と呼ばれるランチボックスが人気を集めています。
ヘルシーで栄養バランスの良い和食がコンパクトで美味しそうに盛りつけられている様が良いという事で一躍ブームを巻き起こしていると聞きます。
これほど人気が高いのは、和食のおかずの豊富さにも秘密があると言えます。
伝統的な日本のお弁当というのは、ご飯にお魚やお肉、お野菜のおかずに、梅干しなどのお漬物を入れたものです。
昔は簡単にご飯を温めるシステムが無く、炊いた後に冷めてしまってからでも美味しいという特徴のあるジャポニカ米やインディカ米といったお米を使う事で、時間が経っても美味しく食べられたと言います。
また付け合せに入れてある梅干しなどの漬物は、弁当の傷みを防ぐ効果があります。
お魚やお肉などのおかずも、一度火を通した煮物などで、しっかりと味が付いていて美味しく食べられるようにしていました。
お弁当が美味しいのは、このように時間が経っても美味しく食べて貰えるようにという工夫が詰まっているからだと言えます。

お母さんの作るお弁当は遠足や運動会の楽しみの一つでした。
大人になってからも、お弁当を食べる特別な時はいくつかあります。
家族に作ってくれる人がいなくても、今では美味しいお弁当は様々な場所にあります。
特に、大人数のお弁当を用意しなければならないような場合、お弁当のデリバリーサービスなどは非常に便利です。
お弁当を作ってくれる上に、持ってきてくれるお弁当デリバリーは、種類も豊富で楽しく選ぶ事が可能です。

ピックアップ

お弁当のある風景

社内での会議や研修、またお花見といったイベントにも大確約する仕出し弁当は非常に便利なサービスだと言えます。それぞれのシーンや相手に合わせてどのようなお弁当を選ぶかというのもまた大切な事です。

普段使いのお弁当

特別なイベントだけでなく、普段のオフィスランチでも使える仕出し弁当。日替わりメニューのある仕出し弁当屋さんや、オフィスに直接持ってきてくれて様々な種類の中から選べるお弁当屋さんなどがいます。

ケータリングとお弁当

パーティーなどの華やかなイベントの際に活躍するケータリングや仕出し弁当。それぞれの特徴とメリットについて、いくつか挙げてみました。特別な日を演出するごちそうについて。

お弁当の種類

仕出し弁当には様々な種類があります。和食はもちろん、洋食や中華、簡単につまめるサンドイッチなどのスナック風仕出し弁当なども人気があります。様々な仕出し弁当の内容について。

選ぶコツ

様々な種類のある仕出し弁当ですが、選ぶ際には注意が必要です。お弁当を食べる人たちの年齢層や、どんなシーンで食べられるのか、またお食事の際に一工夫するだけで、より気持ちよくお食事をして貰えます。

Copyright© 2015 日本の文化を伝える、古くて新しいお弁当のカタチ All Rights Reserved.